Objet d' art

DESIGNER

Jules Agard

Jules Agard

  • BIOGRAPHY
  • AWARDS
  • LITERATURE
  • INFORMATION

1940年代から1970年代にかけて活躍したフランスの陶芸家、ジュール・アガールは、シュザンヌ・ラミエがアトリエ・マドゥーラを設立した際、ヴァロリスで有名な陶芸家として参加し、技術責任者に就任しました。
 シュザンヌ・ラミエがピカソをヴァロリスに招き、マドゥーラのアトリエを使うことを提案したとき、ジュール・アガールはピカソが描く壺の制作を任されることになる。ピカソとアガードのコラボレーションは、1971年にアガールが引退するまで、約22年間続きました。
 ドミニク・サッシは彼についてこう語っている。
“ジュールの手が粘土の玉を押すとき、私を魅了した… 私は、ピカソが、感銘を受け、このノウハウを尊重していることを理解した… 非常に多くの大胆な形は、この巨大なデュオから生まれた。” と。

Jules Agard COLLECTION

PAST EXHIBITION